Top > エステ > 除毛の際に傷付いたお肌について

除毛の際に傷付いたお肌について

肌に出来る傷跡は、『瘢痕』(はんこん)と、呼ばれています。
なかなか難しい言葉ではありますが、キズのある部分が修復される時の
皮膚は、瘢痕皮膚(はんこんひふ)、また瘢痕皮膚は、今までよりも、
硬く強い皮膚になろうとするのですが、それを、瘢痕化(はんこんか)
などと、言ったりもします。
足のかかとや、ペンを持つところに出来るタコなどと同じように、
人の皮膚は、傷つくと、強くなろうとする、瘢痕化の性質があります。
除毛の際に傷付いたお肌も同じです。抜いた時、剃った時、
それぞれ肌に負担が掛かるものですので、そのたびに、少しずつ、
皮膚は瘢痕皮膚となり、強くなっていきます。
すると、毛穴は鳥肌のように、ポツポツと目立ってきたり、
肌そのものがヨレているように感じるようになってきます。
これは、除毛によるダメージが原因となりますから、瘢痕化を、
起こさないためにも、やさしく、自己処理するなり、脱毛するなり、
負担を掛けないことが大切です。

顔の産毛処理方法


エステ

関連エントリー
インナーマッスルを鍛えて、ウエストのくびれを目指しています!除毛の際に傷付いたお肌についてムダ毛のコンプレックスのあった過去怖いところ
カテゴリー
  • エステ
  • 経済
  • ニュース
  • 医学
  • 整体
  • 教育
  • スポーツ
  • 地域
  • ダイエット
  • 健康
  • エンタメ
  • メディア
  • 不動産
  • 中古車査定
  • 文化
  • 旅行
  • 趣味
  • 転職
  • ビジネス
  • 歯科
  • ウォーターサーバー
  • 生活
  • FX
更新履歴
やっぱり猫が好き(笑)(2014年11月30日)
デリバリーのアルバイトは楽しいです(2014年11月25日)
車の手続き(2014年11月 7日)
乾燥肌の敵(2014年11月 5日)
被災地で活躍する若者ボランティア(2014年10月13日)