Top > アメリカはどう動くのか

アメリカはどう動くのか

かつて猛烈な圧力をかけてきたアメリカは、今回どう動くのか。
ステルス開発の事業化に道筋をつけた、防衛省元次官の守屋氏が意外な舞台裏を語った。

「アメリカなどから横やりが入ることはないですか?」
守屋氏「だからそれは、あの、横やりが入るっていうのは話すなどそういうアメリカと意見交換をやらないままにやると横やりが入るでしょう。

FSーXの経験がありましたのでですね、アメリカにこういう開発をしている、計画をしているんだということを、話させるよう指示しました」

関係者によると、アメリカ側は現在の実証機の段階で口を挟むつもりはないとの意向を伝えてきたという。
開発トップの三輪室長は今の心境をこう話した。

三輪室長「実は今までの私の開発経験からいくと、作るまでも確かに大変なんですけど、実は作った後の方が色んなトラブル、あるいは解明しなきゃいけないような、
設計通りにできないことが多々生じます。ですからこれから大変なんだろうなという思いで身が引き締まる思いでいると、というのが今の私の気持ちです」
「山場はこれからだと?」
三輪室長「はい」表参道のカット技術の高い美容室

関連エントリー
カテゴリー
  • エステ
  • 経済
  • ニュース
  • 医学
  • 整体
  • 教育
  • スポーツ
  • 地域
  • ダイエット
  • 健康
  • エンタメ
  • メディア
  • 不動産
  • 中古車査定
  • 文化
  • 旅行
  • 趣味
  • 転職
  • ビジネス
  • 歯科
  • ウォーターサーバー
  • 生活
  • FX
更新履歴
やっぱり猫が好き(笑)(2014年11月30日)
デリバリーのアルバイトは楽しいです(2014年11月25日)
車の手続き(2014年11月 7日)
乾燥肌の敵(2014年11月 5日)
被災地で活躍する若者ボランティア(2014年10月13日)